競馬詐欺被害に遭う前に

paypal-scam
競馬サイトを利用している方々は、必ず確認して欲しい事ですが、運営元がしっかりと記載されているか確認して下さい。
これはサイトに登録する前に必ずチェックして欲しい部分です。
重要な記載については、「特定商取引法」「利用規約」この2つの記載には十分に注意して下さい。
特定商取引法には少なくても、運営元・責任者・運営住所・運営電話番号・料金体系・クーリングオフについての記載などが記載されています。
この記載が無いサイトへの課金は絶対に行わないで下さい。
悪徳競馬情報サイトの可能性が極めて高いからです。
運営元すら分からないような会社は、ろくな会社ではありませんので課金などもってのほかです。
電話してくるような会社は、会社自体の実態が見えていない場合が多いです。
口座だけ電話で伝えて、実際には存在しないような会社名を告げて入金させるような悪質な詐欺会社も多いのです。
特商法については、競馬情報商材などでもきちんと書き込まなければいけませんので、特商法が無い課金サイトには振込などを行わないようにして下さい。
利用規約には、退会方法や料金の支払い方法、サイトの利用方法など細かく記載されています。
むしろ細かく記載されていないサイトは、悪質なサイトの場合が多いです。
これは競馬サイトに限らず、どのようなサイトであっても同様です。
ポイント制のサイトであれば、ポイントについての説明や1ポイント幾らなのか等の表記がされています。
しっかりと読んでおくようにして下さい。
このような事を十分に踏まえても被害に遭ってしまった場合には、先ずは国民生活センターに問い合わせて相談して下さい。
国民生活センターには、競馬サイト被害だけでは無く様々な相談にも応じてくれます。
同じようなトラブルや被害に遭っている方々がいる場合には、様々な対応をして頂けます。
自分だけで悩まずに、第三者の意見なども聞いて対応するのがいいでしょう。

国民生活センターはこちら

お勧め競馬RSS











  • このエントリーをはてなブックマークに追加