特殊詐欺で1900万円被害 白鷹の60代男性が競馬必勝法名目

県警捜査2課は16日、競馬必勝法をかたる特殊詐欺で白鷹町の60代男性が現金計約1900万円をだまし取られたと発表した。今年の県内の特殊詐欺被害は65件となり、被害額は2億円を超えたという。過去最多となった2013年の約2億3400万円に迫る状況で、同課は「ギャンブル必勝法は全て詐欺。金銭を要求されたら必ず誰かに相談を」と強調する。

同課によると、男性宅に8月上旬、「パーフェクトラン」という社名で、必勝法の情報提供を持ち掛けるはがきが届いた。男性は記載されていたフリーダイヤルに電話し、会員登録料5千円を振り込んだ。

馬券情報を聞こうと男性が再び電話すると「馬券購入のための預かり金」「10万馬券が当たった。払戻金から450万円を投資して」などと相次いで現金を要求され、11月4日までに計21回にわたって振り込んだ。一方で配当金は支払われず、連絡が取れなくなったため長井署に相談し、被害に気付いた。

各地で不審電話
ほかに寒河江、天童、上山、長井、東根の各市で15、16の両日、息子やオリンピック協会などをかたる不審電話が確認されており、県警は特殊詐欺の前兆として注意喚起している。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151217-00000326-yamagata-l06

[管理人より]
フリーダイヤルであっても電話をしてくる競馬情報会社や業者は、殆どが悪質だと判断して下さい。
1900万円も支払うとなれば、一回の支払いがかなり大きいものでしょう。
高額な金額を要求してくる場合、確実に悪質な会社だと考えられます。
配当金が支払われずに逃げるというパターンも悪質業者の手口なのでしょう。
電話をかけてくる競馬関連の情報は悪質なので、絶対に振込みなどを行わないようにして下さい。

競馬詐欺被害に遭ってしまった方はこちらを参考にして下さい。
競馬詐欺被害に遭う前に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。